へんてこなニュースを拾いますヨ!
by ぐりぞう
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
art/movie
book/music
event/drama
eat/gadget
technology
body
local
global
affair
未分類
以前の記事
2013年 12月
2013年 07月
2013年 02月
more...
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新刊本の返本率は4割、着いたその日に返本?

昭和図書美女木物流センター(埼玉県戸田市)の山田貴芳所長(51)
によると、新しく刊行された本が書店から戻ってくる返本率は40%に
達しているという。新刊点数が増えて、総発行部数は頭打ち。つまり
1点当たりの発行部数は減る一方。返本率の高止まりは、悪循環の象徴だ。
【なぜ本は売れないのか】「着いたその日に返本」 [産経]



編集者出身で、出版界の動向に詳しい評論家の野上暁さんは「新刊点数が
増え過ぎた。既刊本が店頭に滞留する期間が圧倒的に短くなっている。
出版社も書店も本来はスローなメディアだったはずの本の価値を忘れてしまって、
ベストセラー至上主義に走っている」と指摘する。
ある出版関係者は「出版各社による『平積み』の取り合いです。いい本悪い本では
なくて、スペースを確保するために点数を増やすような状況になっている」と明かす。
東京・神保町で出版社を経営する朔北社の宮本功社長は「着いたその日に返本と
いうケースもあり、せっかく出版されても、誰にも知られずに消えていく本が多い」
と現行の流通システムそのものの問題を指摘する。

そうだよ本って本当は回転が遅い商品だった筈。竹熊健太郎氏は知人に
“紙”はもう、ダメだよ…」と言われたそうですが、この話キツイです。
[PR]
by y_gurizou | 2009-09-20 23:04 | book/music
<< 介護用ベッド型ロボット 農作物直売所、コンビニ店舗数を上回る >>