へんてこなニュースを拾いますヨ!
by ぐりぞう
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
art/movie
book/music
event/drama
eat/gadget
technology
body
local
global
affair
未分類
以前の記事
2013年 12月
2013年 07月
2013年 02月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


リアリティ・モニタリング

頭の中でそうしようと思っていたこと(空想)と、現実に行ったこと
(事実)を区別する能力を、心理学では「リアリティ・モニタリング
(Reality Monitoring)」と呼んでいる。精神錯乱や薬物中毒などでは
この能力が失われる。子どもにおいては不完全であり、正常な大人でも
時おり混乱することがある。
感覚遮断」で幻覚出現:情報源の判断エラー説 [WIRED VISION]



ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(UCL)の研究チームは、すべての
光を遮断し、音を吸収する無響室に被験者を入れ、視覚と聴覚を15分間遮断
する実験を行い、感覚遮断が、ケタミンや大麻といったドラッグに近い効果を
もたらすという結果を発表した。

感覚遮断状態を長時間続けると、まず自分で刺激を作り出すようになる(独り言が
多くなったり歌を歌い出したりする)。この状態を過ぎると幻覚を見る場合がある。

昔、「天井が真っ白の部屋に赤ん坊を寝かせておくと、知能の発達が遅れる」と
いう話を聞いたことがあります。これも一種の感覚遮断なんでしょうね。
[PR]
by y_gurizou | 2009-11-01 20:01 | technology
<< ティッシュケース、自立する NHK気象予報士カレンダー >>