へんてこなニュースを拾いますヨ!
by ぐりぞう
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
art/movie
book/music
event/drama
eat/gadget
technology
body
local
global
affair
未分類
以前の記事
2013年 12月
2013年 07月
2013年 02月
more...
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


米本位制地域通貨「おむすび通貨」

愛知県豊田市でコメと交換できる地域通貨が誕生し、2010年5月1日から
一部の地域で流通が始まった。その名も“おむすび通貨”。
通貨単位は“むすび”といい、1むすびは無農薬・有機栽培・天日乾燥の
玄米0.5合(おにぎり1個分)と交換可能。この通貨を幅広く流通させる
ことで、荒廃した農山村の振興を図ろうというのが目的。
世界初!愛知県豊田市で誕生したコメ兌換通貨の凄味~「腐るおカネ化」で流通の加速を目指す [ダイヤモンド・オンライン]



このおむすび通貨は、これまでの通貨の概念自体を覆すことにチャレンジ
している。それは通貨の“腐るおカネ化”。普通のおカネならば時間が
経てば金利分だけ価値が増えるところを、逆に減価していく。
米本位制なので、古米になれば価値が下がり、それを価値の担保としている
おむすび通貨も、自動的に減価する。
その目的は、価値が下がる前に早く使いたくさせ、流通速度を上げる。どこか
一部の人に留まることなく、社会を循環していくという考えであり、
これは「普通のおカネは利息の支払いと金利の受け取りが起こり、貧しい人から
富める人のところにおカネが流れて滞留し、富の偏在を招く」ことへの挑戦だ。

「価値が減る通貨」と聞いただけでは何だそりゃ状態ですが、何故か自分は
『不思議の国のNEO– 未来を変えたお金の話』を読んでいたので、合点が
いきました。おむすび通貨が上手くいくかどうかは判りませんが、今の経済の
行き詰まりを打破する処方箋/実験であることは間違いないと思います。
[PR]
by y_gurizou | 2010-05-17 20:45 | technology
<< MacBook (Mid 2010) ムーミン、3D映画に殴り込み >>