へんてこなニュースを拾いますヨ!
by ぐりぞう
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
art/movie
book/music
event/drama
eat/gadget
technology
body
local
global
affair
未分類
以前の記事
2013年 12月
2013年 07月
2013年 02月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


埋め込んだ体内で発電する電源

e0095459_23173146.jpg独立行政法人の産業技術総合研究所は、カーボンナノチューブの特性を生かし、体の中に埋め込んでも発電できる新たな光熱発電素子を開発したことを発表した。
カーボンナノチューブ特性生かし体内埋め込み型電源 [サイエンスポータル]



開発された高熱発電素子にはカーボンナノチューブを分散させた
樹脂フィルムが用いられている。樹脂フィルムは近赤外レーザー光で
発熱、樹脂フィルムに密着した熱電変換素子に生じる温度差で電力を
つくり出すそうです。
臓器などへの影響も少ない近赤外光は生体内を透過しやすいため、
埋め込んだ医療機器に体の外から近赤外レーザー光をあてるだけで、
人体に負担をかけずに発電が可能ということで、高熱発電素子が
心臓ペースメーカーの動力源として使われているリチウム電池の
代替になれば、電池寿命による交換手術が不要になる訳です。
[PR]
by y_gurizou | 2011-10-28 23:41 | technology
<< ウェアラブルカメラ「GoPro... コクヨS&T「もしもの時に役立... >>